セズル・トトロックの勝ち方

セズル・トトロックは対戦ルールにセイム・プラスを持っているのでキングと同じでほぼ初期状態でも勝つことができます。

バハムートよりはシドが手に入りやすいので、バハムートが取れない人はセズルと戦ってシドを手に入れるのもいいかもしれません。

セズル・トトロック
場所北部森林(x24.y23)
対戦ルールセイム・プラス
対戦料25
勝利報酬52
セズル・トトロックが使用するカード
固定上の列1シド・ガーロンド
上の列2アルテマウェポン
上の列3ビッグス&ウェッジ
3枚の中から2枚下の列2枚ベヒーモス
ネロ・トル・スカエウァ
ゴッドベルト・マンダウィル
セズル・トトロックから入手できるカード
レアリティ★4シド・ガーロンド
★3ベヒーモス
★2ビッグス&ウェッジ

セズルは1枚目にシドを置いてくることが多いです。先攻では左上にカードを置くと真ん中左にシドを置くことがあるので、あとは真ん中上に下の数値が9のアルテマウェポンを置かせるとプラスを狙いやすくなり先攻では勝ちやすいと思います。

ネロ、ベヒーモス、ビッグスも7、8、9の数値を持っているのでプラスが狙いやすく勝てやすい相手だと思います。

下に確実に勝てるわけではないですが、勝てることがあるパターンをのせておくので勝てない人はよろしければ参考にしてください。パターンをのせているので見たくない人は見ないようにお願いします。


勝てる可能性のあるパターン

ここから使用するカードはボム、ドードー、サボテンダー、クァール、チョコボです。初期状態にチョコボを1枚加えています。

勝てる可能性のあるパターンですが、他の場所に置いてきて勝てないパターンのときもあります。
先攻と後攻に分けて説明していきます。①はこちら側の置いたカード、1は相手が置いたカードになります。

先攻

先攻では左上にドードーを置きます。

勝てる確率が高いのはシドが真ん中左に置かれたとき。真ん中上にシドを置いてくることもあります。

■パターン1

先攻ではこのパターン1になることがほとんどです。

シドを真ん中左に、アルテマウェポンを真ん中上に置かせてボムでプラスを狙います。
4のベヒーモスが真ん中に置かれることもありますが、ベヒーモスとサボテンダーでプラスが成立されるので真ん中に置かれても勝てます。

セズル・トトロック1

■パターン2

2でアルテマウェポンを真ん中下に置かれるパターン。

パターン2は1と違い勝率が低くなります。これはアルテマウェポンとゴッドベルドでプラスを成立させています。
この他にも真ん中上にシドを置いてくることがありますが、ほとんどパターン1になると思います。

セズル・トトロック2

後攻

後攻でセズルが置いてくるカードは左上にシドか、真ん中左にシドを置いてきます。

■パターン1

後攻も先攻と同じでほとんどこのパターンになると思います。

2がゴッドベルトになっていますが、ビッグス&ウェッジを置くことがあるので、そのときは④にチョコボを置いてください。シドとビッグス&ウェッジでプラスが成立します。
2で右上に置いてくることがありますが、③で真ん中右にサボテンダーを置くともしかしたらプラスをねらえるかもしれません。

セズル・トトロック3

スポンサーリンク
関連記事

コメント