セイム・プラスについて

トリプルトライアドの特殊ルールにセイムとプラスがあります。

この2つの特殊ルールは条件さえ合えば相手より弱いカードでも取ることができます。セイムとプラスのどちらかが成立したときにコンボも発生するので、コンボを狙うと対戦が有利になります。

セイム・プラスの説明

セイムとプラスはカードを置いたときに、上下左右どこでもいいので隣り合っているカードが2辺以上あった場合に発生します。また、2辺隣り合っていて1辺が自分の支配しているカードであっても成立します。4辺とも隣り合う状態で置いたときに、2辺だけ条件を満たしていた場合、条件を満たしている2辺にプラス・セイムが発生します。


■セイム

トリプルトライアド4

画像では今から置くカードの上に対する強さが4、左が1です。上に置いてあるカードは下に対する強さが4、左に置いてあるカードの右に対する強さが1です。上が4と4、左が1と1で隣り合う2辺の数値が同じです。今から置くカードと置かれているカードの数値が2辺以上同じだった場合にセイムが成立し、置かれている同じ数値だった上と左のカードがひっくり返されて青色になります。

■プラス

トリプルトライアド5

プラスは隣り合っているカードの合計が2辺以上同じだった場合に発生します。画像では、今から置くカードの上の数値が4、置かれている上のカードの下に対する数値が3で合計7です。置くカードの左に対する数値が2で、置かれている左のカードの右に対する数値は5なのでここも合わせて7になります。上と左の合計が7と7で同じ数値なのでプラスが成立し、合計が同じだった上と左のカードが青色になります。

■コンボ

セイムとプラスのどちらかでカードを取ったときに、取ったカードが相手側のカードと隣り合っていた場合に、置かれているカードより取ったカードの方が強ければコンボが発生して取ることができます。


セイム・プラスからコンボ

セイム・プラス3

上の画像の右上にプリン(左5下3)を置くとプラスが成立します。プラスをすぐ成立させて取ってもいいのですが、右上を空けたまま進めていき、プラスを成立させてコンボを狙う方法もあります。そのためには右上にカードを置かれないように他の場所にカードを置かせてマスを埋めていく必要があります。

NPCは基本的に取れるカードがある時はそこにカードを置いてくるので、他の場所にカードを置くと誘導させることができます。(右上に置かれたり他の場所に置くこともありますが)

ただカードを置くだけでは埋めるだけになるので、プラスを成立させてコンボを狙うために隣り合う辺の数値が低いカードを置きます。これだとコンボで取り返すことができます。

※こういうやり方もあると参考程度にお願いします。

○良い例

セイム・プラス1

上の画像は置いたカードが取られてもプラスからコンボで取れるように上の数値が低いカードを置いています。

×悪い例

セイム・プラス2

良い例とは逆に取られた場合コンボでは取ることができません。また、画像では真ん中のカードがこちら側になっていて下のカードが取れる条件であっても真ん中がこちら側なので取ることができません。


良い例のカードではコンボで取ってもまた取られる可能性がありますが、例えばこの数値のまま左の数値だけ7にしたカードにすると、コンボで取った後に左から取られる可能性が下がります。置かれる位置も相手が所持しているカードにもよりますが、右の数値の方が低いので右に置かれる可能性が高いと思います。


セイム・プラス4

スポンサーリンク
関連記事

コメント