邪念排撃 古城アムダプールギミック解説

邪念排撃古城アムダプールの簡単なギミック解説です。


■道中


道中の木の根は当たるとダメージ&被ダメージアップのデバフがつく。これは敵に当てても効果がある。

最後のボスの前に、デモンズウォールが迫ってきて一定時間内に敵を倒すところがある。

ボス1 アンクハガー


フィールドに攻撃ができる石像がいる。ギミックで使うので壊さないこと。

  • 赤いマーク
    対象者へ向かって線が伸び、数回にわたってダメージを受ける。
    フィールドに設置されている石像に隠れると代わりにダメージを受けてくれる。


  • ヴァルハズル
    ダメージ&ノックバック。
    この攻撃が石像に当たると石像が一撃で壊れる。



ボス2 ボギーマン


戦闘中に雑魚のPOPあり。

  • インビジブル
    透明になり攻撃できなくなる。


  • 幻の光球
    光の球を倒すとその場に帯光というバフを付与するエリアが発生する。
    帯光は効果が切れるときに光がでて、この光をボスに当てるとインビジブルの透明を解除することができる。


  • ドッペルゲンガー
    ボスが分身する。


  • 虚ろな瞳
    扇状の広範囲に混乱。


  • ブラッドムーン・マーター
    2回目の雑魚が沸くときにでてくる雑魚。
    自暴自棄(全体ダメージ+DoT)を使うので優先して倒す。



ボス3 フェルディア



  • ブラックウインド
    ランダムターゲットの攻撃。対象者の足元にデスサイズが設置される。


  • デスサイズ
    ブラックウインドで設置される。触れるとダメージ。


  • ワイルドカード
    詠唱開始と同時に雑魚が沸き、雑魚を倒すまでワイルドカードの範囲が広くなっていく。


  • ジェスターズリーブ
    扇状の範囲攻撃。
    詠唱を開始するときにスライムが沸き、スライムを倒すまで対象者を動けなくする。



スポンサーリンク
関連記事

コメント