大迷宮バハムート真成編4層攻略メモ

■敵:バハムートプライム


●必要命中

正面約560 側面約540 キャスター約515


フェーズ1 HP100%~HP75%


■使用してくるスキル

  • フラッテン(フェーズ1~)
    非常に痛い詠唱あり単体物理攻撃。

  • メガフレア(フェーズ1~)
    メガフレアは3つのパターンがあり、対象者の足元に大きい円をつけて範囲ダメージ。
    小さい円を複数人につけてその対象者だけで頭割り。
    大きい円と小さい円の対象にならなかった人に単体ダメージ(もしかしたら範囲かもしれません)の3つのパターンがあります。
    小さい円の頭割りは円がついてない人が当たると死ぬので当たらないように

  • フレアブレス(フェーズ1~)
    前方範囲の魔法攻撃

  • アースシェイカー(フェーズ1、4)
    STとDPSからランダムで2人選ばれ、対象者の頭にマークがつく。
    対象者に向かって直線状に物理攻撃+攻撃した位置に非常に痛いDOT+ヘヴィのダメージ床を生成する攻撃を3回繰り返す。
    これは対象者2人が1時と11時に分かれて移動して、ダメージ床を踏まないようにフィールドの端を少しずつ6時側にずれて移動してダメージ床を置いていきます。
    対象者とMT以外はバハの後ろに移動して直線状の攻撃に当たらないようにします。
    アースシェイカー対象者にかばうを使うとダメージを肩代わりすることができ、本来でるはずのダメージ床がでなくなります

  • ギガフレア(フェーズ1~)
    非常に痛い全体魔法攻撃。魔法攻撃なので双竜脚でダメージを下げることができます。ダメージを軽減させて耐えましょう。

●行動パターン


フレアブレス → メガフレア → フレアブレス → フラッテン → 3回連続フレアブレス → アースシェイカー (HP75%でギガフレア) のループ

■戦い方


最初にメガフレアの頭割りの位置を決めておき、頭割りを対象者以外に巻き込まないように気をつけること。バハの後ろで集まるようにして近接DPSが頭割りでも攻撃できるようにするのがいいと思います。その際、他の人は頭割りに巻き込まれないように。

フラッテンは非常に痛い攻撃です。バフを合わせてダメージを軽減させます。

アースシェイカーですが、モンクはマークがでてすぐ移動すると疾風迅雷が維持できません。マークが消えてから移動しても間に合うので、マークが消えるまで攻撃して3回目のアースシェイカー後すぐ羅刹をして攻撃すれば維持することができます。


フェーズ2 HP75%~HP51%

■新しく使用するスキル

  • メガフレア
    フェーズ2のメガフレアでは、大きい円の対象者の足元に柱が出るようになります。
    この柱に入っていると頭割りの1秒後にダメージを食らい、誰も乗っていないと全員に大ダメージを与えます。
    HPの低い人が頭割りの後に柱に入ると死ぬ場合があるので、内丹など回復スキルを挟んで耐えてください。頭割りの集合地点近くにでたときは巻き込まれて死なないように。

  • フレアスター(フェーズ2のみ)
    フレアスターの詠唱後ダークエーテルという青い玉が出るようになり、線がついた対象者を追尾します。
    ダークエーテルに触れると爆発して、狭い範囲にダメージ+龍圧というデバフがスタックされます。龍圧のデバフ数に応じてダメージが増えていき、3になるとほぼ耐えることができません。
    2まで貯まったら爆発に当たらないように注意しながら他の人にまかせましょう。

  • 龍神の咆哮(フェーズ2のみ)
    龍圧のスタック数に応じたダメージを与える全体攻撃。
    キャスター以外のDPSが2まで貯まった状態で受けるとHPの低い人はダメージ軽減などない場合は死ぬ可能性があります。

■メラシディアン・シャドウ


  • 攻撃力が高め。
  • 痛い単体攻撃のデッドリードライブを使ってくる。
  • そのままヘイトコンボを入れるのではなく、挑発をしてからヘイトコンボをしたほうが取りやすい。
  • バハムートと近いと線で繋がれバハムートとシャドウが強化されるので端まで引き離して戦う。
  • 1体目12時、2体目8時、3体目4時にPOPする。

●行動パターン


メラシディアン・シャドウPOP → フレアスター(ダークエーテルPOP) → フレアブレス(双竜脚とヴィントのダメージ軽減なし) → (ダークエーテルPOP) → フラッテン → フレアブレス(ダークエーテルPOP) → メガフレア → フレアブレス → 龍神の咆哮 (HP51%でギガフレア) のループ

■戦い方


メラシディアン・シャドウは攻撃力が高く、デッドリードライブが痛いので沸いてすぐ取らないとヒーラーが死にます。ギガフレア後の1体目のときにメディカラのHOTが残っているとヒーラーの人が攻撃される可能性があるので、どうしても殴られるときはギガフレア後のメディカラをやめるのもありかもしれません。


フェーズ3 HP51%~テラフレア

■新しく使用するスキル

  • メガフレアダイブ&ダブルダイブ

    対象者の頭の上に赤いマーク、その2秒後に緑色のマークがランダムでつく。
    赤いマークはバハムートのメガフレアダイブでついたときに外周のランダムな位置にバハムートが現れる。緑色のマークはメラシディアン・ストームのダブルダイブでこれもランダムな位置にストームが現れる。
    マークがついた位置で突進の位置が決まり、突進の順番は先にバハムートのメガフレアダイブがきて、その後メラシディアン・ストームのダブルダイブがきます。
    ダイブに当たるとダメージ+ノックバックで吹っ飛び、生き残っても外の線に当たって死ぬ可能性あり。
    ダイブのマークがつくときに中央に集合して、ストームの緑マークがついた時に移動すると中央に向かって突進するので範囲がわかりやすくなります。バハムートとストームの突進後、メガフレア(柱なし)がくるので他の人と重ならないように距離をとること。

  • テラフレア
    非常に痛い全体攻撃。
    ストームが落とす拘束具の上に乗るとダメージを減らせますが、それにタンクのLBを2以上で合わせないと耐えれません。


■POPする敵

  • メラシディアン・ブラッド
    リバーサルで物理無効と魔法無効を切り替える。
    常にどちらかが無効でダメージが通らないのでダメージを与えれる方で削っていく。

  • メラシディアン・ペイン
    近くにメラシディアン・ガストがいると捕食して強化するのでガストと離す。
    前方範囲攻撃と後方範囲攻撃を使ってくる。

  • メラシディアン・ガスト
    複数POPでペインに近づかせると捕食される。

  • メラシディアン・シン
    POPしてから約20秒後に、残りHPに応じたダメージを与える前方範囲のイビルアイを使用する。これはランダムターゲットです。

  • メラシディアン・ストーム
    痛い単体攻撃のデスセンテンスと前方範囲のプラメットを使用する。
    倒すと拘束具を落とし、その上に乗るとテラフレアのダメージが下がる。

■メガフレアダイブ&ダブルダイブの避け方

これは色々な避け方があると思いますが、赤マークがついてバハムートが出たときにまずバハムートの位置を確認し、そのバハムートを例えば12時として3時か9時を向いて緑マークが出るまで待ちます。


緑マークがついたら取り合えずバハムートから横に、3時か9時側に走りストームがいるか確認します。走っている方向にストームが見えないときはカメラを後ろに向けて後ろにいるか確認。


前と後ろどちらにもいなければ、バハムートの近くか逆側の6時付近にいて縦にしか突進がこないはずなのでそのまま3時か9時に走っていけば避けれます。

バハムート真成編4層_1

今度は逆に前か後ろにいた場合、これはストームのダイブから避けれる範囲に斜めに移動して避けます。バハムートから横に移動しているので、ストームの範囲から逃げるように移動するだけで大丈夫だと思います。

バハムート真成編4層_2

このやり方だとバハムートの位置を確認して横に走り、前と後ろを確認するだけでいいので避けやすいと思います。


●敵のPOPタイムテーブル

時間ストーム
POP後
POP場所備考
0ブラッド&ペイン中央付近MTが2匹
20秒ガスト12時、4時、7時STが3匹
45秒シン12時と6時MTとST
75秒メガフレアダイブ赤マーク
77秒ダブルダイブ緑マーク
95秒0ストーム中央MT
105秒10秒ブラッド12時ST
115秒20秒ガスト6時に2匹MTが2匹
125秒30秒シン3時ST
145秒50秒ペイン9時ST
165秒70秒メガフレアダイブ赤マーク
185秒90秒テラフレア詠唱開始

■戦い方

メガフレアダイブは慣れるまでは避けるのが難しいと思います。ダイブ後のメガフレアでダメージが重なって死んだり、頭割りの人が他の人のメガフレアでHPが減った状態で受けて死ぬ可能性があります。バハムートから左と右どちらに逃げるか決めておき、メガフレアに当たらないように横に分かれるのがやりやすいと思います。

シンはHPが多く残っているとイビルアイのダメージが非常に痛いので、シンが沸いたら優先的に倒すこと。

■敵の倒す順番

最初のブラッド&ペインはダメージを与えれる人がブラッドを削り、無効の人はペインを削ります。切り替えがきたらダメージを与えれる人が削ってブラッドを倒す。3匹のガストは黒魔道士や召喚士など範囲の強いジョブで削ってください。 ガストが残っている状態でシンが沸いたときは、シンを優先的に削りイビルアイのダメージを減らす。

2回目のダイブ後はシンが沸くまでストームを削り、シンが沸いたら優先的に倒す。ブラッドはダメージを与えれるときに攻撃して、最後にガストとペインを削るのがいいかもしれません。


フェーズ4 テラフレア~HP0%

■新しく使用するスキル

  • アク・モーン
    非常に痛い頭割り可能な範囲魔法攻撃
    最初は2回で使うたびに使用回数が1回ずつ増えていく。
    タンク2人で受けても非常に痛いのでバフを合わせること。

  • テンペストウィング
    対象者2人に線が付く。
    ダメージ+対象者を中心とした範囲に線がついてない人が当たるとノックバック+DOTの攻撃。
    テンペストウィングの線の間に入ることで線をとることができます。
    メガフレアのときはランダムで線がつき、アースシェイカーのときはアースシェイカーの対象者につきます。

  • メガフレア
    フェーズ4からは柱が2つでるようになります。

  • アースシェイカー
    フェーズ4のアースシェイカーはダメージ床が残っている状態で次のアースシェイカーがくるので、間隔を狭めて置くこと。

●行動パターン


アク・モーン → メガフレア+テンペストウィング → アースシェイカー+テンペストウィング → フレアブレス → アク・モーン → メガフレア+テンペストウィング → アースシェイカー+テンペストウィング → フレアブレス → ギガフレア のループ

※2ループ目以降はアク・モーンの回数でずれていきます。
時間使用スキル
0アク・モーン1回目
15秒メガフレア
20秒テンペストウィングの線がつく
40秒アースシェイカーのマーク
47秒テンペストウィングの線がつく
55秒フレアブレス
60秒アク・モーン2回目
78秒メガフレア
83秒テンペストウィングの線がつく
103秒アースシェイカーのマーク
110秒テンペストウィングの線がつく
118秒フレアブレス
125秒ギガフレア
135秒2ループ目のアク・モーン

■戦い方

ここから新たにアク・モーン、テンペストウィングを使い、ギガフレアをループの最後に使ってくるようになります。アク・モーンは非常に強力なのでタンク2人で受けるように。インビンやホルムギャングを使う場合は1人で受けても大丈夫です。

テンペストウィングはアースシェイカーのときは回復が厚ければDPSでも耐えることはできますが、メガフレアのときは耐えれないのでタンクの人が線を取り受けること。

メガフレアの柱が2つになっているので乗り忘れの無いようにしっかり見ておく。

戦闘開始から14分後にしてくるギガフレアで全滅になります。


スポンサーリンク
関連記事

コメント